スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のダム①殿川ダム




釣りの予定をことごとく中止にしておいて千鳥足で逸れていったあいつのおかげで

今日は無事釣りに行けましたね。


場所は行橋市の殿川ダムってとこです。


CA340161.jpg
CA340162.jpg
↑苅田港が一望ですね~


中々景色の綺麗な所で、
シーズンになるとオジサンやオバサンの散歩プレイスポットと化すのですが、

たまに山上の採掘所から、発破で飛ばされてきた岩石が落下してくる事があるので
注意しなければなりません。

ちなみに、昔の話ですが、釣りをしていた僕の目の前5mに
サイヤ人でもただでは済まないような大きさの岩石が落ちてきた事がありました。

釣りしてる最中に、「う~」というサイレンが鳴り始めたら走って逃げる事をお勧めしますw

まぁ、あんな事がそうそうあるとは思えませんがw




んで、湖の方の状況なんですが、
おもいっきりターンしてるにもかかわらず、
魚のほうはおかまいなしにバンクでボイルし放題。

しばらく観察してたら、2~5匹程度のスクールで水面下50cmぐらいのとこを
バンク沿いに回遊してる魚がちらほら、

なんでかと思って見てたら、先日の雨の影響で増えた流入水のおかげで
堰堤から水が流れて、表層のカレントが効いてたおかげみたいです。
浮きゴミを見ててわかるぐらいだから、かなりのもんだったかとw

殿川ダムはダムといっても、水門や水栓を開けて水を抜くことは稀なので、
必然的に堰堤から溢れ出す水の動きで、
表層のパターンが生きて来る事が多いとこです。

メインベイトがオイカワっていう事もひとつの要因でしょうね。

バンクを回遊してる魚は、どうやら成魚サイズのオイカワの回遊待ちみたいで
ゴリ系のベイトやらオイカワの稚魚やらが居ても、完全無視。

プレッシャーがかかってない状態だったら、
ぎりぎり気付く範囲ぐらいに、ミノーやペンシルを放ってやれば
簡単に口を使うんですが、やはりクリアウォーターの魚だけあって
群れから一匹抜いたりして、こっちの存在に勘付かれるともうダメw

じんわり潜って離れて行ったので、「時間置けばまた戻ってくるやろ。」
と楽観視してたんですが、二度と姿を表しませんでしたねw

結局釣れたのは2時間やって、最初の1時間の5本だけ。
やはり、プレッシャーかけずに同じ群れから何本も抜くのは難しいです。

最近、同じ群れの中から数とサイズを出すのを勝手にやってるんですがw
むずいっす!




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しゅうへー

Author:しゅうへー
名前:しゅうへー
職業:釣具店店員下っ端A
好きな釣り:バス・イカ・アジ
出没地域:北九州・山陰→大分・長崎方面辺り

カウンター
最近の記事
カテゴリ
コメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。