スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクシオン95S





先日の釣行で小一時間程、使ってみました(・∀・)




※今回、ちょっとしたレヴューを書きますが、


ヒラメ初心者の戯言ですので、あくまでも


参考程度にご覧下さい(;´д`)













まずこのルアー…




ウエイトは30gボディサイズは9センチの、一応カテゴリーはシンキングペンシルのようです。







見ての通り、ずんぐりむっくりです( ̄ー ̄)



まず重要なキャスト時の飛距離ですが、
結構飛びます…、


アベレージは60前後ぐらいでしょうか?
同サイズのシンペンと比べても、

重い分、そりゃ飛びますw


テンションフリーで沈めると、
45度ぐらいのケツサガリの姿勢で、沈みます。


勿論、フォール時のアクションは特になく、
スピードはm/1・5秒程度でしょうか?

かなり早めです。




で、肝心のアクションですが、


かなりタイトです。



シンペンと言えば、ワンダーやブルスコなんかのように、

リトリーブ時にヘッドを軸にフラフラとアクションするものが多いですが、


それらのルアーに比べると同じスピードでルアーを引っ張った時のアクションはかなりタイトです。


テールのスライド幅はそこそこあるんですが、
どうしてもウエイトがかさむ分、アクションのレスポンスもそれなりといった感じ。



正直、どうやって操作して使えばいいのか、
わからん…( ´△`)って感じでしたが


しかし!!



堀田さんが絡んでるルアーに外れなし!!





のはず(`ロ´;)




色々やってみたんですが、
普通のシンペンと違うところは、


ある一定のリトリーブスピードを越えた時に
急激にアクションがかわります。


シャッドやクランクのような引き感を感じさせる程の強いバタツキ加減で泳ぎます(゜ロ゜)

中々、強烈なフラッシングですw

この特性を利用すると、サーフで使用する際は
ストレートリトリーブするだけで勝手に、
波の影響を受けて、アクションのon offが生まれます。


流れが無い時は、要所でジャークを入れたり
するのもよさそうっすね(・∀・)


ヒラメ用と名の打ったルアーを購入したのは、
3つめほどですが、

どれも中々使いやすいです。

やはり前提として、飛距離面と、
ある程度の荒れと流れを考慮した設計。

はやくもホッティーの信者になりつつあります(爆)

とりあえず、明日も出撃予定なので、
しばらく使い込んでみようと思いますw



釣果に恵まれる日はいつになることやら(;´д`)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しゅうへー

Author:しゅうへー
名前:しゅうへー
職業:釣具店店員下っ端A
好きな釣り:バス・イカ・アジ
出没地域:北九州・山陰→大分・長崎方面辺り

カウンター
最近の記事
カテゴリ
コメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。