スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春アオリに向けて2

さて(・∀・)



唐突ですが、前回の続きです。


独断と偏見によるカラーの位置付けです(;´д`)









墨族
ウィードクリアブラッド



このカラーは少し特殊なカラーで、

通常エギは下地と上地?の二枚の布が巻かれているものが多いですが、

これは上地の一枚のみ、

普通それだと光を当てた時に奥ゆきのない
味気ないカラーになりそうですが、

これは、プラスチックのボディそのものが、
クリアレッドカラーになっております。

それによってある程度の光量が当たると、
ボディ-のレッドカラーが発色します。

また、粗目の布一枚を光が透過するため、
ボディの模様が浮き上がるような効果がでまして、
立体的で奥行きのあるカラーになるわけです。

自分で書いて訳わかんなくなってきましたが、
とりあえず釣れるので使ってます。

イメージ的には、通常のカラーである程度釣った後に、取りこぼしを拾う感じでしょうか。


最初から投入すると自らの頭が混乱するので、あまりやりませんが(;´д`)…



とにかく、実績第一のカラーで、自分の中では叩き上げな存在ですw






さぁそろそろきつくなってきましたが……



お次は…








見ての通りのゲテモノです・・・(;´Д`)


こちらも先程と同じくのクリアレッド。

ただ上地の違いで、濃度は段違い、
投入する際の意味合いはまるで変わってきます。

日中は文字通りのキワモノとして、
夜間においては、今のところは
自分の中で唯一の夜カラー的位置付けです。




さてさて…ラストは…









信頼と実績のアオリQシンプルカラーヽ(・∀・)ノ



投入タイミングは、
カラーの当たり外れで、イカのヴォルテージを
左右されたくないときw

下地をゴールド、シルバーと使い分けると、
クリアウォーターでは常に70点が取れるカラーだと思ってます。

平戸やイキのようなクリアな水質では、
その都度ないと困るカラーです。




さて、ここまでだらだらと書いてみましたが、

そろそろ苦しいので終了です(;´д`)




とにかく、ここ三年で感じたのは、
自分がどれだけエギングに対して偏見を持って
選り好みしていたのかということ。

カラーに対してもそうですが、
アクションやエギに対してもそうです( ´△`)


柔軟な発想はない自分ですが、
牛歩で進んできた分、エギングに関しては、
ここ数年で多少なりとも進歩したような気もします。


なにはともあれ…





今シーズンも楽しみですヽ(・∀・)ノ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速suru - 2012年03月30日 12:31

まとめteみた.【春アオリに向けて2】

さて(・∀・)唐突ですが、前回の続きです。独断と偏見によるカラーの位置付けです(;´д`)墨族ウィードクリアブラッドこのカラーは少し特殊なカラーで、通常エギは下地と上地?の二枚の布が巻かれているものが多いですが、これは上地の一枚のみ、普通それだと光を当てた?...

URL :

プロフィール

しゅうへー

Author:しゅうへー
名前:しゅうへー
職業:釣具店店員下っ端A
好きな釣り:バス・イカ・アジ
出没地域:北九州・山陰→大分・長崎方面辺り

カウンター
最近の記事
カテゴリ
コメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。