スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジギングの魅力☆・・・最近ハマッてます。。

CA340221.jpg
↑↑帰りの船上で爆酔中の某お兄ちゃん。


最近学校の実習でライトジギングに行く機会が急増してるのですが、
中々に奥が深く面白いです。

主に使用するジグの重さが80~150g辺りのジグなんですが、
今までジギングを(というかメタルジグの釣りすら)ほとんどやってこなかった自分には、
とても新鮮な事だらけですねw

例えば、ジグの動きの奥深さだったり。

メタルジグの動きはジグによって実に様々で、同じタイプの形状のジグでも全く異なる動きだったりします。

恐らく、ジグの形状と合わせてウエイトバランス等が凄くシビアに絡んでると思うのですが、
驚くのは、ジグ本体の動きだけでも多くのバリエーションが存在するのに、
それをしゃくる人のしゃくり方により、更に全く異なる動きが出てしまう事。

しゃくりのパワーは勿論、しゃくり後の竿を戻すスピードや幅。リールを巻くスピード。
また、タックル面においては、リールの巻き取りスピードやロッドの硬さやテーパーによっても当然変わってきます。。
極端に言うと・・・

[ジグの種類×カラー×重量×アクションの付け方]=の数ぐらいは自分でジグの持つ要素に変化を与える事が出来るわけです。

勿論、魚が実際にどの要素をどの程度重要視して、喰う喰わないを決めてるのかはわからないのですが、同じ船上の隣同士で釣りをしていても、確実に釣れる釣れないの差は付いてきます。
数回行っただけの感覚ですが、釣れないからと言ってジグを交換するだけではダメということですね。

こういう状況の時はコレ!というような普遍的なパターンを持っていれば強いと思うのですが、こればっかりは経験を積むしかなさそうです・・・。


ここからは微妙に話が変わってくるのですが、僕がジギングを面白いと感じる理由は他にもあって、
他の釣りにない魅力といえばこれが大きいと思うんですが・・・
「体を動かしながら釣りが出来る。」っていうのも新鮮で楽しいです。

実は何気に昔は野球部で元々はスポーツ好きな自分からすれば、
釣れなくてもしゃくってるだけで弱冠満足感というか・・・楽しかったりしますww

何分一人暮らしを始めてから運動不足が酷いもんで・・・。

まぁ少し話が逸れましたが、勿論「腕を目一杯酷使せざるを得ない魚」
がかかることもこの釣りの魅力ですよねw

自分はまだこの手の魚には出会った事がないので、これからが楽しみです・・。

あ~、一回どうしようもないぐらい魚にのされてみたい( ´△`)







スポンサーサイト
プロフィール

しゅうへー

Author:しゅうへー
名前:しゅうへー
職業:釣具店店員下っ端A
好きな釣り:バス・イカ・アジ
出没地域:北九州・山陰→大分・長崎方面辺り

カウンター
最近の記事
カテゴリ
コメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。