スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニコーン―ケダモノの嵐

ケダモノの嵐ケダモノの嵐
(1995/12/13)
UNICORN

商品詳細を見る


1. 命果てるまで
2. フーガ
3. ロック幸せ
4. ケダモノの嵐
5. エレジー
6. 自転車泥棒
7. 富士
8. リンジューマーチ
9. スライム・プリーズ
10. CSA
11. いかんともしがたい男
12. 夜明け前
13. 働く男
14. スターな男






ユニコーンの一般的に
最高傑作と言われている4枚目のアルバム。
バンドとしても全盛期の時代に製作されたため
商業的にも最も成功したみたいですね。

僕がこのアルバムを手に入れたのは
ほんの2週間前ぐらい。
地元の中古屋で超美品が800円でしたw
僕はこのアルバム意外のユニコーンのアルバムは
全て聴いてるので当然迷わず購入w

一般的に評価が高い作品で、
前々から凄く楽しみにしてたものなので
かなり期待して聞いてみましたw

でも、最初の印象はこうでしたw


あれ?意外と地味だな・・・(´・ω・`)


ユニコーンだけあって
相変わらずキャッチーさはあるんですが、
あまり前に出るような演奏は少なく、
なおかつ曲もスローテンポなものが多かったので
こういう印象だったんですねw

前作の服部がテンション高い曲が多かったので
これは意外でしたw

そして段々回数重ねて聞いていったんですが、
徐々に気付いていったことがあります。

まず、詩が面白いって事。
ホテル連れ込み曲w命果てるまで
爽やかに危ない男を歌うエレジー
気付いたら死んでた男の視点からリンジューマーチ
サラリーマン?目線のいかんともしがたい男
事務所の住所を叫んでるだけのCSAは別としてもw
働く男スターな男は言わずもがなw
民生曲は色々な男の視点から詩が書かれてる事がわかりますよねw

詩がわかってくると段々印象も変わってきます。
最初の印象が地味だったのは、
このアルバムが全体的に歌詞と合わせた曲の雰囲気を重視した
曲作りになってるからなんですねw

初セルフプロデュースということだったので
もっとノリノリでバリバリやってるんじゃないかと
予想してたんですが、これは予想外でしたw

まぁまだ大して回数聴いてないんで
これから楽しみに聞き込んでいこうと思います(´ー`)



ファッションは気にしないw

スポンサーサイト

奥田民生―無限の風






出ましたね!

奥田民生の11月21日発売の最新シングル「無限の風」。
野球日本代表の公式応援ソングになったりしてるので
CM等で聞いた事ある方も多いと思います。

いや~しかし・・・COMPからバンドメンバーが変わって
ギターが民生一本になってどうなる事かと思ったけど
凄いですねwwがらりと変わりましたねw

民生自体ももちろん変わったけど、一番変わったのはやっぱり・・
リズム隊でしょう!!wパワフルなドラムに重厚なベース・・・かっこよすぎですw
年上の貫禄っていうんですかねw見事に民生を引っ張ってってますよね。

新しく出たこの「無限の風」は「MANY」同様とてもシンプルで
純粋なロックって感じなんですが
今までの民生の曲でこういう曲は意外と少なかったので
今後はこういう曲をどんどん増やしていって欲しいですね。

早くフルアルバム出して欲しいもんですw




RANCID-And Out Come The Wolves

RANCID.jpg



それまで邦楽のくだらない音楽しか聞いてこなかった
僕の音楽観を文字通りぶっ壊してくれたアルバム。


このアルバムを聞いたキッカケは、
確か僕が中学生ぐらいの時に
友達の兄ちゃんに何枚かCDを借りて
その中の一枚がこれだったんですねw


その時に借りたCDは4.5枚だったんですけど
そのどれもが僕の音楽に対する認識を
根底から覆すようなアルバムでした。

今思えば、あの時CDを借りる事がなかったら
今でも僕は音楽に大して興味を持つ事もなかったし
これほど音楽を聞くようになる事はなかったと思いますねw

この時に借りたCDと、それをきっかけにして聴き出した音楽は
今でも凄く思い入れがあって、
何故だかわかんないけど
聞く度にその音楽を聞き始めた当時の記憶が
鮮明に蘇ってくるんですよw

初めて聞いた時の感動だとか、
そのCDを聞くに至った経緯だとか、
当時のどういう時にどこで聞いてたなぁだとかwいやホントにw
何故だかはわかんないですけどねw



最近特によく思うようになったんですけど、

人によって音楽の、
自分に合うジャンルと合わないジャンルがありますよね?
これは僕だけなのかもしれないですけど、
考えてみたら今になっても僕がよく聞く音楽って、
この時期に聞いてた音楽のジャンルと
近いものであることが多いんですw

要は何が言いたいかというとですね、
人の音楽の好み?っていうか音楽観みたいなのが作られるのって

その人にガッチリ合う音楽に出会ってカルチャーチョック的なものを受けた瞬間

じゃないかな?って思うんです。

人によって”それ”に出会う時期はまちまちでしょうし、
もしかしたら一生出合わない人もいるかもしれません。

でも”それ”に出会うか否かで
その人の中に音楽の占める割合っていうのが
凄く変わってくるような気がするんですね。


なんかMTV?かなんかが昔CMでやってた

この世には「音楽が必要な人間」と「音楽が必要じゃない人間」の2種類の人間がいる。

のCMみたいですねw
いや、ほんとにそうだと思いますwww
実際のところ、どっちの方がいいのかなんてわかりませんけど、
最近特にこの2種類の人間の差を感じる事が多いです。

それはちょっと悲しいような気もしたり、
でもどうでもいいような気もしたりw

段々何が言いたかったのかわかんなくなってきちゃいましたww
これ以上書いてると昨日のみゃおの二の舞いになってきそうなので
今日はこの辺で終わっときたいと思います(´ー`)-3

ではでは・・・(・ω・)ノ


ベースソロいつ聞いても鬼すぎるwww
NEXT≫
プロフィール

しゅうへー

Author:しゅうへー
名前:しゅうへー
職業:釣具店店員下っ端A
好きな釣り:バス・イカ・アジ
出没地域:北九州・山陰→大分・長崎方面辺り

カウンター
最近の記事
カテゴリ
コメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。